債務整理 自己破産

債務整理の方法のひとつとして、自己破産がある。

借金といえば、自己破産というワードを聞いたことがある人はおそらく多いし、マイナスなイメージも強いだろう。
自己破産について詳しく見ていくと、
裁判所に、借金を返せないと認められると免責になり、返済をしなくてもよくなるという、国の決めた救済策である。

デメリットとしては、資産を保有していれば、没収されるということ。
そして、もし自己破産後もクレジットカードを作りたいと思っても、次に作れるまでに、最低10年の年月が掛かるということだ。
その理由として、自己破産による方法を取った場合、官報にその事実が記録されてしまう。

それは銀行などの金融機関が参考にするものなのだが、それによってカードの発行を断られてしまうのだ。官報の情報の保有期間は10年なので、その期間が過ぎるまでは、カードを新たに作るということができないわけである。
債務整理には他にもあり、メリットやデメリットも違うので、自分に合う方法は何かを見極め、賢く返済の道を辿るべきであろう。

債務整理 住宅購入

借金がどうにもならなくなったとき、債務整理をして借金の減額を申し出るという方法がある。

その整理の手続きを終え、返済中に生活に余裕が出てくると、中には住宅購入を考える人も出てくるが、それは可能なのだろうか。

答えは×。

債務整理を行うと、いわゆるブラックリストに載ることになるので、金融業者からは信頼してもらえず、住宅ローンは組めない。
そもそもクレジットカードすら作れない状態で、カードを作るのでも、 裁判所を介さず行った整理で5年以上、自己破産など、裁判所経由で行った場合に関しては10年は無理である。

債務整理を行うということは、それだけ信頼を失ってしまうということであり、制限が厳しいということである。

早期に生活を立て直し、住宅購入を目指すプランがあるのならば、任意整理などの裁判所を介さない方法で、借金の整理を行うなど、どのように返済をしていくかの選択を慎重にすべきである。

債務整理と自己破産の違い

借金問題を解決する方法で、債務整理や、自己破産があるが、それはどういったものなのか。

まず、債務整理とは、借金を整理する方法の総称のことである。

種類がいくつかあり、任意整理、民事再生、自己破産、また過払い請求というものもある。

このように、自己破産は、債務整理の方法のうちのひとつのことである。

自己破産について詳しく見ていくと、この方法を取ると、現在ある借金は、全て処分される。裁判所を介すが、裁判所に返済能力が無いと認められれば、免責になり、借金を返す必要が無くなるのである。ただし、資産を保持している場合、それは没収される。

ネガティブなイメージを強く持たれがちな自己破産だが、国の決めた救済策。
もしこの方法を選らんでも、社会的に不利になるようなこともないし、手段の一つとして、頭に入れておきたい方法である。

カード 債務整理

借金がどうにも片付かなくなり、債務整理をすることになったのだけど、その後はまたクレジットカードは作れるようになるのかな。

債務整理にもいくつかの種類があるから、どれを選ぶかによって作れる・作れないが変わってくるのか、もしくは債務整理はどの方法を取っても、クレジットカードが作れなくなってしまうのか…

これは自分でちゃんと調べないといけないと思って、いろいろ参考にしてみたところ
カードが作れなくなるっていうことはないらしい。

ただ、選ぶ整理方法によって、作れるようになるまでに掛かる年数が変わってくる、というところだった。

裁判所を介さない方法であれば、個人信用情報に載ってしまうけど、保有期間の5年を過ぎると作れるようになるし、
裁判所を介した方法だと、官報に債務整理の事実が記載されるので、その保有期間の10年を経ないと、作れないみたい…

10年は長い!困る!

今の内に、調べておいてよかった。。
それにしても、まだ借金の問題を片付けられてないうちから、こんな先の心配までして、私は何をやってるのかしら。。とっとと今の問題と向き合おう。。

債務整理とは

借金に苦しむ生活から解放されるために、債務整理を行うという方法がある。

種類がいくつかあって、任意整理、民事再生、自己破産、また既に払い終えたものも含め、払い過ぎた利息を返還請求できる、過払い金返還請求というものもある。

どの方法であっても、整理の手続き申請後には、支払いや取り立てもすぐに止めることができる。

それぞれの特徴を簡単に見ていくと、
任意整理は、今後の金利がなくなり、借金の総額と毎月の返済額を減額でき、一部の借金だけ選んで整理することができる。
民事再生は、裁判所を介して、借金を減額して分割で返済していく方法である。

よく聞く自己破産は、国が作った制度。高価な財産を手放すことにはなるが、この方法を取っても、社会的に影響があるわけではない。

最後に、過払い金返還請求について。
「過払い金」とは、本来支払わなくてもよかった、支払い過ぎたお金のこと。これは話題にもなっていたが、借入期間が5年以上で金利が18パーセントを超えていた場合、手続きによりお金が返ってくるので、必ずチェックするべきである。

このように様々な債務整理の方法があるので、自分に合った方法を選び、借金に悩まされる生活から早期に抜け出す糧にするべきである。

債務整理を夫婦で

実は、私たち夫婦は、二人とも借金を抱えている…

といっても、私は夫から直接そのことを打ち明けられたわけではないのだけれど。

でも義母と話しているのを実は聞いてしまったことがあって、それで知った。
そのことを聞いたとき、私も焦り、不安な気持ちになった。
それは、私も同じように借金を抱えているから。

夫の借金は、詳しくはわからないけれど、確か兄弟や親せきの事業の関係で、彼らを援助していた結果、借金までする羽目に、みたいな感じだけど、
私の場合は、ただの散財である。買い物三昧、旅行三昧(もちろん夫には内緒で)で、やり過ぎてしまった…

夫の方の金額は全然わからないけれど、私の方は深刻である。

下手したら、債務整理をする、などということになるかもしれない…
果たして夫にばれずにかたを付けられるのだろうか。。

債務整理をするとクレジットカードが作れないのか

0-64
債務整理をすると、もうクレジットカードが作れなくなるのか?

答えはノー。

債務整理の種類によって、作れるようになるのに掛かる年数に違いはあるが、また作れるようになる。

以下で、債務整理の種類を見てみることにする。
まず、裁判所を介さないで行う「任意整理」と「過払い金請求」は、借金を支払えるところまで減額する交渉を、専門家が代わりに行ってくれる方法。

また、裁判所を介して行う「個人再生」と「自己破産」があるが、前者は自宅などを売却せずに、借金を減額する方法で、後者は借金がゼロになる方法である。

債務整理の対象になったクレジット会社では、一生作れなくなる可能性が高いが、他の会社であれば、可能性がある。
他のクレジットの会社でも、個人信用情報に載った債務整理の事実が、保有期限の5年を経過すれば、またカードを作れる可能性が高くなる。

また、債務整理の事実は官報にも載るのだが、これは裁判所を利用した整理の、自己破産と個人再生をしたときにのみ当てはまる。
こちらが保有期間が10年と長いので、この2つの債務整理の方法を取った場合、10年間はカードが作れなくなるので、注意が必要になるのである。

このように、債務整理をした後も、落ち着いたらいずれクレジットカードを持ちたいと考えるならば、整理の方法を考えて選ぶべきだと言える。

主婦の債務整理

実は、旦那に内緒でずっと借金していて…

その額が、もう自分ではどうしようもないくらい、膨らんできちゃった…

昔から、欲しいものは我慢せずにすぐに買ってしまうタイプで。
しかもブランドもののことが多いから、あっという間にお金を使ってしまう…

バリバリ働いて稼いでいた頃は、実家住まいであったこともあって、まだギリギリなんとか大丈夫だったけど、
その買い物癖が抜けないまま結婚して、専業主婦になってしまったものだから…

お小遣いだけでは足りず、こそこそと融資を受けて、ブランド物を買ったり、旅行したりしてた。。
なんとかしなきゃと思ってネットで見つけて参考になったのが、専業主婦の任意整理について書かれたサイト。

ブラックリストに載るし、クレジットカードを作れなかったり、銀行などから融資を受けられなくなるけど、今の借金を減らす、もしくは無くすことまで出来るらしい。

相談も出来るみたいだし、もうどうしようもないから、してみようかなぁ…。

債務整理 借りれる

恥ずかしながら、ここ数年の間になかなかな額の借金をしてしまい、私の収入や他の手段を取ろうにも、どうしようもないくらいになってしまって…

債務整理の申請を申し立て、それにより借金を片付けることになった。

今、借金の取り立てや返済は止まっているけど、ちょっとお金が必要な事態になってしまっている。身内のことなので、どうしてもお金を用意しないといけないのだが、わたしはお金に関してはマイナスだし、債務整理中だから借り入れなんてしてもらえないだろうし…

そう思っていたけど、ダメ元で調べてみると、毎月収入がちゃんとあって、明確な返済計画を立てられるのであれば、借り入れができる業者があるみたい。

本当はもう、借金なんてしたくないのだけど…ありがたく、利用させてもらうことに。
お金に関しては、一生苦労する人生なのかな…

債務整理後にまた借りれるのか

借金をどうしても返せなくなって、債務整理という方法で借金を片付けた場合、
その後、またいずれお金は借りられるようになるのだろうか。

実はこの度、どうしても返済できない借金により、泣く泣く債務整理の方法のひとつである自己破産により、借金問題を解決した。
今は新たな生活を立て直していくのに精一杯だが、借金の苦しみが無くなるというのは、本当に気持ちが楽で、ストレスもずいぶん減った。

こんなに痛い目を見て、それでもまたお金を借りたいのかと言われるかもしれないが、実は自分でまた商売をやりたくて。もう一度チャレンジしたいのである。

まだ先の話にはなりそうだが、方法を探しつつ、今はその夢に向かってがんばろうと思う。