債務整理 住宅購入

借金がどうにもならなくなったとき、債務整理をして借金の減額を申し出るという方法がある。

その整理の手続きを終え、返済中に生活に余裕が出てくると、中には住宅購入を考える人も出てくるが、それは可能なのだろうか。

答えは×。

債務整理を行うと、いわゆるブラックリストに載ることになるので、金融業者からは信頼してもらえず、住宅ローンは組めない。
そもそもクレジットカードすら作れない状態で、カードを作るのでも、 裁判所を介さず行った整理で5年以上、自己破産など、裁判所経由で行った場合に関しては10年は無理である。

債務整理を行うということは、それだけ信頼を失ってしまうということであり、制限が厳しいということである。

早期に生活を立て直し、住宅購入を目指すプランがあるのならば、任意整理などの裁判所を介さない方法で、借金の整理を行うなど、どのように返済をしていくかの選択を慎重にすべきである。