債務整理 自己破産

債務整理の方法のひとつとして、自己破産がある。

借金といえば、自己破産というワードを聞いたことがある人はおそらく多いし、マイナスなイメージも強いだろう。
自己破産について詳しく見ていくと、
裁判所に、借金を返せないと認められると免責になり、返済をしなくてもよくなるという、国の決めた救済策である。

デメリットとしては、資産を保有していれば、没収されるということ。
そして、もし自己破産後もクレジットカードを作りたいと思っても、次に作れるまでに、最低10年の年月が掛かるということだ。
その理由として、自己破産による方法を取った場合、官報にその事実が記録されてしまう。

それは銀行などの金融機関が参考にするものなのだが、それによってカードの発行を断られてしまうのだ。官報の情報の保有期間は10年なので、その期間が過ぎるまでは、カードを新たに作るということができないわけである。
債務整理には他にもあり、メリットやデメリットも違うので、自分に合う方法は何かを見極め、賢く返済の道を辿るべきであろう。

債務整理と自己破産の違い

借金問題を解決する方法で、債務整理や、自己破産があるが、それはどういったものなのか。

まず、債務整理とは、借金を整理する方法の総称のことである。

種類がいくつかあり、任意整理、民事再生、自己破産、また過払い請求というものもある。

このように、自己破産は、債務整理の方法のうちのひとつのことである。

自己破産について詳しく見ていくと、この方法を取ると、現在ある借金は、全て処分される。裁判所を介すが、裁判所に返済能力が無いと認められれば、免責になり、借金を返す必要が無くなるのである。ただし、資産を保持している場合、それは没収される。

ネガティブなイメージを強く持たれがちな自己破産だが、国の決めた救済策。
もしこの方法を選らんでも、社会的に不利になるようなこともないし、手段の一つとして、頭に入れておきたい方法である。